読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モトネタログ

日本語ラップのサンプリングネタを探し続けるブログ。

日本語ラップのサンプリングネタについて詳しく考察していくブログです。



キエるマキュウ / DO THE HANDSOME feat. Kashi Da Handsome (2002) 元ネタ サンプリング

キエるマキュウ / DO THE HANDSOME ft. Kashi Da Handsome (2002)

サンプルされた曲:
The Moments / Meeting You was No Mistake (1974) (サンプル箇所は動画の0:00と0:18)

Tall, Dark and Handsome / Tall, Dark and Handsome (1988) (サンプル箇所は動画の0:19)


お久しぶりです。 

今回はハンサムボーイのアンサム、DO THE HANDSOME。

サンプルはThe momentsのMeeting you was No Mistakeです。
the momentsは60年代に結成されたアメリカのR&Bグループ。
様々な楽曲がヒップホップでサンプリングされています。
特に代表曲のLove on a two way street (1968)はJay-ZとAlicia KeysのEmpire State of mindの元ネタだったりで
元ネタ好きの方はthe momentsで検索してみると新たな発見があって面白いと思います。

でDO THE HANDSOMEはキエるマキュウの2ndアルバムのマネーメリーゴーラウンドに収録されてる人気曲。
2014年にはアナログまで出てたりも。

サンプルは至ってシンプル、Meeting You Was No Mistakeのイントロでループを作っています。
元ネタとDO THE HANDSOMEを聴き比べると元ネタをかなりピッチを遅くしたのがわかります。
また元ネタ動画の18秒からの演奏をDO THE HANDSOMEのアウトロに使ってます。

 

パッと聴いたらサンプル箇所はこんくらいかと思ったんですが、
DO THE HANDSOMEのHOOKの裏の方でCQさんが歌ってるんですが、
ここでも元ネタのサビ(歌詞は題名と同じくMEETING YOU WAS NO MISTAKE)をサンプリング。

ただし、歌詞はけっこういい加減なのか意味があるのかわからないけど、
CQさんのハンサムボイスで(I LOVE YOU ルルル~ルル〜)っていう。

 

あと衝撃的なのがDO THE HANDSOMEの掛け声にも元ネタがあるんですよ!
1988年のTALL,DARK AND HANDSOMEのTALL,DARK AND HANDSOME。

ユニット名がメンバーの外見的な特徴というまたまたアホなユニークなユニット。
直訳するとのっぽと地黒とイケメンでしょうか。あんまりだ。
でこの曲中にTALL DARK AND HANDSOME!って掛け声があるんですよ。
曲中だとトダクエンハンサム!!って感じで無理やりねじ込まれてるんですけど。

で聞いてみるとおや…?

トダクエンハンサム…

トダックザハンサム…

ドゥダッザハンサム…

ドゥーザハンサム…

DO THE HANDSOME???!!! 

 

ということなんですよ…。

 

まぁよくわからんけど、カシの故郷 DO THE HANDSOME!

DO THE HANDSOME

DO THE HANDSOME

  • キエるマキュウ
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Meeting You Was No Mistakeは本当はO'Jaysとの対バン?アルバムのo'jays meet the moments(1974)のLPに初収録されてるんですけど、こちらにも入ってるようです。

B Boy Records: The Masterworks

B Boy Records: The Masterworks

  • Various Artists
  • ヒップホップ
  • ¥6000

Tall Dark and Handsomeの楽曲も入ってるB Boy Recordsの所属アーティストの曲が死ぬほど入ってるコンピレーション・アルバム。内容の量もすごいけど、6000円って。量を考えたら安すぎなのかな…?

 

 

超おまけ: 同ネタじゃないけど、The moments繋がりってことで。
やっぱプリモ大先生しゅごい…。

Pitch Black / Its All Real (2003)

サンプルされた曲: The moments / when the morning comes (1975) (サンプル箇所は動画の2:05辺りから)

けっこう短い曲だから最初からじっくり聴くと「おぉぉ…」ってなるヤーツ。