読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モトネタログ

日本語ラップのサンプリングネタを探し続けるブログ。

日本語ラップのサンプリングネタについて詳しく考察していくブログです。



EVISBEATS / Just a Moment feat. Vivi サンプリング 元ネタ

EVISBEATS / Just a Moment feat. vivi (2008)

  サンプル?された曲:
ゴールデン・ハーフ / チョットマッテクダサイ (1971) (サンプルは0:00から)

サンプルのオリジナル:
Sam Kapu / Chotto Matte Kudasai (Never Say Good Bye) (1971)


今回はEVISBEATSのJust a moment (2008)。
奇抜なサンプリングが多いEVISBEATS。奇抜というのはちょっと語弊があるかもしれないけど。良く言えば元ネタの引き出しの種類の多さがすごい。今回の曲みたいな歌謡曲テイストのものもあればアジアや南米…なんか文章で説明できないけれど、無国籍料理って感じか。料理の味は3つ星、最高です。どの曲もものすごくファンキーでステキなトラックになってしまうからトラックメイカーとしてのすごい魔力を秘めていると思います。

さて、この曲のサンプリングなのですが、正確にはサンプリングではなくゴールデン・ハーフVer.のCHOTTO MATTE KUDASAIのEVISBEATS REMIXって言ったほうが正しいような。ウィスパーでREMIXと曲の最初に言っているのはそういうことなのかな?

で、この元ネタのゴールデン・ハーフのCHOTTO MATTE KUDASAIもSam Kapuというハワイの歌手のカバーだそうで。けっこうネットで探すといっぱい出てくるChotto Matte Kudasaiカバー。どれを聴いた上でJust a Momentが作られたかはわからないけれど、一番近いのはゴールデン・ハーフのVersion.

ゴールデン・ハーフのトラック?はハープや金管楽器、コーラス、ピアノなどが使われてる歌謡曲テイストなのに対して、Just a Momentはアコースティックギター、ベース、VIVIの声で元ネタのサンプル部分の曲の出だしを再構築してそれをループ化。その上にドラムをあててる感じです。この曲のベース部分がJazzy hiphop好きとしてはたまらない!

Just a Moment Feat. Vivi

Just a Moment Feat. Vivi

  • EVISBEATS
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes